「春の高校バレー」第67回全日本バレーボール高校選手権大会始まる

東龍・及川主将、堂々の選手宣誓「最後まで全力で戦うことを誓う」

「ジャパネット杯 春の高校バレー 第67回全日本バレーボール高等学校選手権大会」が1月5日(月)、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕しました!

リニューアルを経て本大会で5回目の1月開催となった、「春の高校バレー」。高校バレーの頂点を決めるこの大会に、各地の厳しい予選を勝ち抜いた男女各52校、計104校が出場します。
本日5日(月)に行われた開会式では、地元・東京の八王子高校吹奏楽部の演奏に乗せて、各校の選手たちが入場行進を行いました。

選手宣誓は、東龍主将・及川真夢選手が国旗旗手を務めた男子・雄物川(秋田)の高橋令選手介添えのもと、「日頃の練習の成果を十二分に発揮し、今まで支えてくださった多くの方々への感謝の気持ちを忘れず、この最高の舞台で最高の仲間とともに全力で最後まで戦うことを誓います」と堂々の宣誓をしました。
本大会は男女共通の日程となっており、本日5日(月)から7日(水)までの3日間に1回戦から準々決勝までを行った後、10日(土)に準決勝、11日(日)に決勝戦を行います。なお、本大会の全試合は東京体育館で行われます。高校ナンバーワンを目指して戦う高校生バレーボーラーたち、そして我が東龍バレー部に熱いご声援をお願いします!頑張れ!紅の登り龍!!東龍は明日(6日・第6試合14:40分)から登場いたします。

2015.01.05-1-top                    2015.01.05-1-6

 

 

 

 

 

 

  東龍アルバム みらいをつくる・ひとをそだてる 東九州短気大学 東九州短期大学附属幼稚園 hoikuen

 
Copyright (C)2013 東九州龍谷高等学校. All Rights Reserved.