7月の法語

心を直さぬ学問して何の詮かある

鎌倉時代中期の僧叡尊の言葉です。
学問の目的とはいったい何でしょうか。知識を吸収することでしょうか。
叡尊は、心を直すのが学問の目的だというのです。
「詮」には種々の意味がありますが、ここでは、かい、しるし、ききめ、効果などの意味です。「詮無い」といえば、仕方がない、無益である、という意味ですね。
叡尊は、心を直さない学問は役に立たないし、やっても仕方がない、いったいどんな効果があるというのだろうか、というのです。
心を直すとは、心をまっすぐにし、心を正すことだと教えています。
「学びて然る後に足らざるを知る」と『礼記』はいいます。学問をして初めて自分自身の不十分さを知るのです。
善導大師の『観経疎』に「学仏大悲心」という言葉があります。学ぶというのは、「み仏の大慈悲の心に学ぶ」という意味です。
みなさん、頑張りましょう。

出典 『仏教名言ノート』 辻本敬順 より

 

7月の法語」への9件のフィードバック

  1. Greetings! Very helpful advice on this article! It is the little changes that make the biggest changes. Thanks a lot for sharing!

  2. I like what you guys are up also. Such smart work and reporting! Carry on the excellent works guys I’ve incorporated you guys to my blogroll. I think it will improve the value of my website :).

  3. Hello! I could have sworn I’ve been to this blog before but after browsing through some of the post I realized it’s new to me. Anyways, I’m definitely happy I found it and I’ll be book-marking and checking back frequently!

  4. Good day! Would you mind if I share your blog with my zynga group? There’s a lot of people that I think would really appreciate your content. Please let me know. Many thanks

  5. you’re really a good webmaster. The site loading speed is incredible. It seems that you’re doing any unique trick. Also, The contents are masterwork. you’ve done a magnificent job on this topic!

  6. I have not checked in here for some time as I thought it was getting boring, but the last few posts are good quality so I guess I¦ll add you back to my daily bloglist. You deserve it my friend 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。