【総選】「仏教×SDGs」のクラスでの取り組み始まる

総合選択コースでは去る6月1日に発表された「扇城学園のSDGs宣言」に基づき各クラスで「SDGs×仏教」をテーマに実践活動の準備を始めました。

今日(7月6日)には梅高理事長が1、2年生の各クラスを視察に回りました。それぞれのクラスで、担任の先生のカラーが出た授業が展開されていました。1年生は宗教科が作成したテキストに沿ってSDGsとは何かということをじっくり学んでいました。

2年生では各系の特徴を出して活動するということで、子ども保育系では、ペットボトルをおもちゃにリサイクルしていました。また、キャリア系では17番「パートナーシップで目標を達成しよう」に基づき、ある企業の取り組みに連携して活動を進めていくことになりました。

7月末には各クラスで「クラスのSDGs宣言」が取りまとめられ、文化祭で発表される予定です。

1年生はまずSDGsについての学習です。
1年生の教室。徳光先生の楽しい話術で和んでいます。
理事長先生が「乱入」。校門で一礼する意味を解説。
2年生文理進学系。アイデアを出しています。
2年生の子ども保育系ではペットボトルでおもちゃ作りです。